着物は一度着たらクリーニングへ

着物のクリーニングは、デリケートな生地にできるだけ負担をかけないような方法で行われます。状態を確認しながら丁寧に手間と時間をかけて行う必要があり、自宅で洗濯することは難しいので、一般的に専門のクリーニング店に持ち込みます。近くにクリーニング店がなくても、宅配サービスを活用すれば、自宅にいながら、本場の高品質のサービスを受けることができます。 一度でも着用した着物は、クリーニングや必要な手入れをしてから収納しないと、シミやカビの発生の原因になります。一見綺麗に見えても、シミがいつの間にかできていることはよくあります。しみ抜き専門のプランを提供している業者も多いので、クリーニングでは落とせないシミにも対応してくれます。 クリーニング専門店が採用している方法に、なぎさ洗いがあります。これは京都で開発された新しい方法で、着物を優しく丸洗いできるメリットがあります。 長く大切な着物を楽しむためにも、必須のお手入れです。