伝統を日常生活に。着物を着る

着物と言えば、ついつい記念日やハレの日に着る事を想像してしまいます。確かに、日本の伝統的な服装であるからこそ、特別な日に着る事はとても自然で正しい事です。でも、日本ならではの素敵な伝統だからこそ、日常生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。もちろん、着物を着るにおいてのルールやマナーは大切ですが、色々な個性が尊重され、それぞれが自由にオシャレを楽しめる時代だからこそ、肩肘張らずに気楽な気持ちで着てみるのも良いと思います。それこそ、足元に靴を合わせても良くて、インナーにはシャツを着て、タイを締めるのも素敵ですし、お気に入りの帽子を被ってみるのも新鮮で楽しいと思います。日常生活で着るのが堅苦しいのなら、自分の日常生活に合った着こなしに挑戦してみる事。そうやって、着物を普段着として着る人が増える事がまた、伝統を残してゆく事にも繋がりますし、そこから新しい伝統が生まれていくのだと思います。もし、箪笥の奥に眠ったままの着物があるのなら、次のお休みにでも一度袖を通してお出かけしてみてはいかがでしょうか。