着物着こなし術!必要な小物の選び方

着物を着用する際に小物にも気を遣う事で着物をより良く見せる事が出来たり大人や大和撫子のようなお淑やかな雰囲気を引き立たせる事が出来るといった効果を得る事が出来ます。小物を選ぶ際には見える箇所だけではなく見えない箇所にもこだわる事が大切になります。 着物の小物の伊達衿では着物と合わせた際に日本の四季の美しさや季節感を出す事が美しいとされている事で着用する時期と生地の色合いから選ぶ事がポイントとなっています。また、一般的には無地か地紋入りが定番とされていて着物の生地より若干濃い目の色をワンポイントとして使用する事で全体を引き締めて見せる事が出来ます。 帯締めでは色だけではなく実用面も考慮する事がポイントとなっています。一般的なタイプとしては平らになっている平打ちと丸くなっている丸組の2種類があります。礼装用と準礼装用で使い分ける事が大切となっている事や色味のはっきりとした物を使用する事でアクセントを付ける事が出来るといった効果を得る事が出来ます。