知っておきたい着物の種類

お見合いをするときに本人が着る着物の種類には、振袖・訪問着・付け下げがあり、帯は袋帯、帯揚げは総絞り・無地、帯締めは組紐を用います。付き添いの着物の種類には付け下げ・小紋・色無地があり、帯は格のある袋帯・名古屋帯、帯揚げは薄色絞り・無地、帯締めは組紐です。 卒業式・成人式・謝恩会・パーテイーなどでミスが着る着物の種類は振袖や訪問着で、帯は丸帯・袋帯、帯揚げは総絞り・無地・中抜絞りとなります。 お茶会・趣味的・観劇などで着る着物には、訪問着・付け下げ・小紋・色無地があり、帯は袋帯・名古屋帯・美保帯、帯揚げは薄色絞り・無地を着用します。 七・五・三やお宮参りのときの付き添いの着物は、訪問着・色無地・付け下げで、帯は袋帯・名古屋帯、帯揚げは薄色絞り・無地のものとなります。 PTAなどでは大島紬や結城紬を着用し、帯はしゃれ袋帯・美保帯・染めの名古屋帯・袋名古屋帯、帯揚げは無地、その他を使用するようにします。